正社員・パート・アルバイト求人
転職・就職・求人 応援サイト
転職・就職・求人トップページへ戻ります

船員


船員とは、船に乗るのが専門の職業。海の上が、主な働き場です。
船員・船乗りは大きくわけて3つに分類されます。船長・海員・予備船員。そのほか、仕事の内容によってさらに、
船の行き先を決定し、船長の補佐をする航海士、船の内部の機械の整備を受け持つ機関士。
海を行く上で安全に行動するためのさまざまな情報を集める通信士など、仕事内容はさまざま。

船長は、船に乗る者全てを指揮する、いわば船舶における最高責任者。
海員は船の中で働く船長以外のすべての乗組員を意味します。これら海員に中において、
航海士、機関長、機関士、通信長、通信士にわかれます。それらを職員とよび、その他の乗組員を部員と呼びます。
予備船員は、船に乗るために雇われている人の中で、船にいない人のこと、
例えば有給休暇をとって陸にいる船員を指します。

推定収入は・・・

推定収入:約21万円(初任給)、機関士責任者などになると月40万円〜。

海技従事者国家試験 資格データ

人気度:3

難易度:4

社内評価:3

就転職に有利:3          (5点満点での評価です)

海技従事者国家試験は船員の中でも総トン数※20トン以上の船舶(大型船舶)に船舶職員(船長・航海士・機関長・機関士・
通信長・通信士・運航士等)で乗り組むために必要な国家資格。
ですが、部員とよばれる乗組員になるためには必須資格はありません。


船員船乗り)への就職・転職


船員(船乗り)としての転職・就職先としては、水産庁行政職員および船舶職員、水産高校教員、海上保安庁など 。
そのほか個人の船や民間客船の乗組員としての就職先も。

船長や航海士、船舶職員として船で働く際には、船の行く場所や船のおおきさ、機関の出力区分ごとに
法律で決められた国家資格である海技従事者資格が必須となりますが、部員(船舶職員意外の船員)として船に乗るために
必要な資格はありません。
そのほか、航海当直の業務をを行う場合は、部員も必要な認定があります。
    海の上が職場!船員(船乗り)
船員になるには、まず、船舶所有者に船員として雇われる必要があります。
求人情報は一括して地方運輸局や運輸支局(海事事務所)の船員職業安定業務の窓口で閲覧が可能です。

船員への転職・就職を希望する人の多くは海上技術学校(旧海員学校)、水産高校などの船舶職員養成学校で
資格(海技免状)を取得しています。

船員に向いている人は・・・


長期間船に乗って働く場合が多い船員の仕事。体が丈夫であることが求められます。
加えて、突然のアクシデントに対応できる判断能力や、狭い個室で過ごす時間が増えるため、
日々の自己管理能力が問われる職業ともいえます。
資格の種類

国家資格


海技従事者国家試験 資格取得難易

合格率:資格により異なる

勉強期間の目安:約1年〜

難易度の目安:3


受験資格


◆年齢制限なしの資格
  1級〜6級海技士(航海)
  1級〜6級海技士(機関)
  船橋当直3級海技士(航海)
  機関当直3級海技士(機関)
  内燃機関2級〜6級海技士(機関)

◆17歳9ヶ月以上で乗船経歴の必要な資格
  1級〜3級海技士(通信)
  1級〜4級海技士(電子通信)

◆乗船経験1〜3年以上(規定以上の大ききさの船に乗船して)
  1級〜6級海技士(航海)
  1級〜6級海技士(機関)
  1級〜3級海技士(通信)

受験内容


◆学科(多肢選択式)
  1級〜6級海技士(航海)
1.学科・・・・計測機器、船舶知識(動力、設備、構造等)、気象知識、緊急時の知識
2.口述・・・・筆記試験と同じ範囲
3.身体検査・・・・視力、聴力、疾患の有無。

  1級〜6級海技士(機関)
1.学科・・・・機関知識、電気工学、甲板機械、製図、熱力学、英語
2.口述・・・・筆記試験と同じ範囲
3.身体検査・・・・視力、聴力、疾患の有無。

  1級〜3級海技士(通信)
1.学科・・・・船舶知識(動力、設備、構造等)、気象知識、緊急時の知識
2.身体検査・・・・視力、聴力、疾患の有無。

  1級〜4級海技士(電子通信)
1.学科・・・・船舶知識(動力、設備、構造等)、気象知識、緊急時の知識
2.身体検査・・・・視力、聴力、疾患の有無。

  2級〜6級海技士(内燃機関)
1.学科・・・・機関知識、電気工学、甲板機械、製図、熱力学、英語、製図、緊急時知識
2.口述・・・・筆記試験と同じ範囲
3.身体検査・・・・視力、聴力、疾患の有無。

  機関当直3級海技士(機関)
1.学科・・・・機関知識、電気工学、甲板機械、製図、熱力学、英語、製図、緊急時知識
2.口述・・・・筆記試験と同じ範囲
3.身体検査・・・・視力、聴力、疾患の有無。

  船橋当直3級海技士(航海)
1.学科・・・・機器知識、構造知識、航法、気象、法知識、英語、貨物、緊急時の知識
2.口述・・・・筆記試験と同じ範囲
3.身体検査・・・・視力、聴力、疾患の有無。

受験日程

4月中旬、7月上旬、10月中旬、2月上旬頃
その他

【問合せ先】
北海道運輸局 0134-27-7189
東北運輸局 022-791-7524
関東運輸局 045-211-7232
北陸信越運輸局 025-244-6113
中部運輸局 052-952-8027
近畿運輸局 06-6949-6434
神戸運輸監理部 078-321-7053
中国運輸局 082-228-8794
四国運輸局 087-825-1190
九州運輸局 092-472-3176
沖縄総合事務局 098-866-0031


オシゴトこらむ

特殊技能関係のお仕事は、これからもニーズは増える一方の職業・資格。
中でも船員は、変わらずニーズのあるオシゴト。
難易度にはばらつきがありますが、合格対策講座、通信教育も多く、専門学校やスクールも充実しています。
船員試験に不安を感じたら専門学校や通信教育、講座・スクールのサポートを受けるのも、○。

当就職・転職応援サイトでは、日本における求人情報、転職・就職先から天職を見つけられるお手伝いになるような
情報発信を目指しています。募集内容に合った会社を、アルバイト・パート・派遣・正社員の雇用形態を含めて、
探せるよう、又、「こんなお仕事、あるんだ〜」という新しい発見に出会えるお手伝いを・・・
お仕事事項や、人気ランキング・口コミで人気の求人やハローワーク情報も網羅しています。


就職先・転職先・採用地候補

特殊技能関係のお仕事は、いかがでしたか?こんな専門職、あるんだ!と思った方もいらっしゃるのでは?
是非やってみたい!試験が少し難しそう、自分の住んでいる地域で転職・就職・求人先はあるかな・・・
転職・就職・求人先候補地は
北海道 札幌 函館 旭川 青森 岩手 盛岡 宮城 仙台 秋田 山形 福島 郡山 いわき 東京
神奈川 横浜 川崎 横須賀 相模原 埼玉 さいたま 川越 千葉 船橋 柏 茨城 栃木 宇都宮
群馬 新潟 山梨 長野 富山 石川 金沢 福井 愛知 名古屋 豊橋 豊田 岡崎 岐阜 静岡 浜松
三重 大阪 堺 高槻 東大阪 京都 兵庫 神戸 姫路 西宮 滋賀 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山
倉敷 広島 福山 山口 下関 徳島 香川 高松 愛媛 松山 高知 福岡 北九州 久留米 佐賀
長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄など。貴方の希望の勤務地、職場と出会えますように!!


copyright (C) All Rights Reserved. 2009
リンクフリーです 掲載内容の無断転載を禁止いたします
転職・就職・求人応援サイト

就職・転職 応援サイト


正社員・パート・アルバイト求人